プロフィール

あふぁげっとみーのっと

Author:あふぁげっとみーのっと
アラフォー後半になりました。
バツイチ、お一人様生活をしております。今、お一人様の女性って多いですよね。みんな、将来に不安とか無いのかな?私は不安ありありです(笑)。
偏屈ババアになりたくない~!一人ぼっちになったら嫌だよう~!同じような方がいたら是非、覗いてやってくださいませ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も今日で終わりですね。
年末に今年の残りの厄がドドーンときて、その厄が無くなりホットしていたところです。 会社を辞めてから最近まで、午前3時~5時位に目覚めてしまうという有様でした。 そして、3日ほど前にやっと午前7時30分に目覚めることが出来ました。 それと同時に、体調も戻りました。 一時は子宮がんかもしれないと覚悟していました。 年明けに婦人科に行こうと思っておりましたが、必要ないようです。 ただ、母にも言われたのですが私は子供を産んでいないので、婦人科系の病気は要注意です。 定期的に通える病院を探そうかなと思っています。 不調だった間、空いてる時間は好きな小説を読んだり、三国志ゲームなどをしていました。 考えること拒否ってました(笑)。 友人とも話していたのですが、ストレスとは自分が思っている以上にあるものなんですね…。 

来年はどんな年になるのでしょうか? 穏やかな日々はまだまだ遠そうです。 とほほ…。

そうそう、先程までインドのカースト制度について調べていました。 インドでおこった事件を目にしたことがきっかけでした。 カースト制度は現在、法律上は無くなっています。 しかしながら、農村部などではその意識が根強く残っているそうです。 
“カースト制度は全く悪いものでもない” という方もいらっしゃいます。 階級によって仕事が与えられているので、仕事が全くないということはない。 そして、身分の高い人は施しをしていて、身分の低い人はその恩恵を受けている事実もあるからだそうです。 
でもなんだかな…。 勉強するチャンスを与えられなくて、仕事も選べなかったら一生貧乏でしょ。 何に希望を持てばいいんだろ。 最近できた分野の仕事(IT産業とか)は、昔の縛りがないので生まれなど関係なくできるそうですがチャンスは少ないよね。 上司は学問をしっかりさせてもらえた、いいとこの坊ちゃま・嬢ちゃまが多いだろうし、やっぱり差別はあるよね。 インド国内で発展的な考えを持ったお金持ちが出てきてくれて、勉強したい子は学校へ 且つ ウエルカムしてあげて欲しいなと思います。 希望は大切。

私も来年は希望をもって行きたいと思います。 今まで目の前のことで精一杯で、希望とか目標とか無かったから(恥)。 だから宙ぶらりんなんだね。

希望
①母とヨガに通うこと。
②また奈良へ行くこと。
③姪っ子と遊ぶこと。
④ゆとりがあったら…、東北へボランティアに直接伺いたいです。

夢や希望があれば、少しは頑張れるような気がします。
来年こそは…大地に根を生やした生活が出来ますように。 りっぱな雑草(コスモス)になりたい。

今年一年ありがとうございました。 あたたかいコメントをいただいたりして、大変励みになりました。 新しい年が皆様にとってご多幸の年でありますように。 そして、また宜しくお願いいたします。 

forget‐me‐not
      
スポンサーサイト
昨晩、大学生の姪っ子が遊びに来ました。 バイトが終わってから来てくれたので、到着は23時30分。 疲れているだろうに、こんな遠くまで来てくれてありがたいです。 クリスマスプレゼントなるものもいただきました。 クリスマスプレゼントなんて、何年ぶりだろ!

晩御飯を食べずに来るというので、お鍋を用意しておきました。 海鮮と鶏肉、そして野菜がたっぷり入ったヘルシーで栄養満点のお鍋です。 ダイエットが気になるお年頃だと思うので、それがよいかと。 そうしましたら、さすが若いですね…。 食べる食べる(笑)

午前3時半まで楽しくおしゃべりしていましたので、姪っ子はまだ眠っています。 朝食は昨晩残ったお鍋に玄米ご飯を入れて卵を落とした、お雑炊にいたします。 そういえば、久しぶりにポテトチップスとじゃがりこを食べてしまいました。 これも何年ぶりでしょうか…! 私の歳でジャンク系はNGです。 寿命を縮めてしまいます(笑)ので、好きなんですが我慢しておりました。 久々のポテチは美味しかったぁ。

姪っ子と話をしていて、この子もいづれはお嫁さんになってお母さんになるんだなとしみじみと思いました。 その時は、私にできる精一杯(気持ちも含め)のことをしてあげたいと思っています。 その為にも仕事を頑張らないとです。

この子、私が将来寝込んだら面倒みてくれるそうで…。 付け届けは大切!←そうじゃない!(笑)
赤ちゃんの頃から見ているので、お腹を痛めてはいないけれど自分の子供のように思っています。 母や友人たちとは違う暖かさを久しぶりに味わいました。 

クリスマスには少し早いですが、私にとって何年かぶりにサンタクロースが来てくれました。 

覚悟

さあ、次なる航海(仕事)に向けて充電をしております。 今日は大学生の姪っ子が遊びに来ます。 赤ちゃんの頃から可愛がっていた姪っ子で、大切な血族です。 とても私を好きでいてくれて、こんな大きくなっても来てくれるなんて嬉しいです。 家庭を持っている方なら当たり前のことでも、私みたいな独り者にはとてもありがたいことです。 

さて、私は離婚を6年前にいたしました。それからの仕事生活を少しお話したいと思います。 結婚時代は学習塾で事務さんをしていましたが、離婚して就職をしなければと思ったとき現役でやる自信がありませんでした。 なので某技術系の会社にパートとして入社し、技術開発部で働いておりました。一年経ったところで、これなら現役に戻っても大丈夫と思い正社員としての雇用先を探しました。 そこで楽しく仕事をしておりましたが、母の病気(ギャンブル依存症)によって経済的な理由で転職せざるを得なくなりました。 そこからが苦難の連続でした。 

母との生活を捨て家をでなければならなくなり、貯蓄のなかった私は寮完備の仕事を探したのです。 なぜ、その年齢で貯蓄ゼロ?と思われるでしょうね…。 独身時代の貯蓄は母の病気でどんどん無くなり、そして結婚してからは生活費の補填で無くなりました。 旦那が仕事を辞めてしまった時があったので。 しっかりされた方でしたら、そんな親や旦那は捨ててしまいなさいと言われるでしょうか…。 旦那は捨てられても、母は捨てられないんです。 そのような現状で寮完備の仕事を探したら、この不景気な時代ほんとに無いんです。 でもありました、1件。 某飲食販売業。 銀座松屋や新宿伊勢丹など大手百貨店に入っていて、お洒落な食材を扱っています。 その仕事がしたいわけではありませんでした。 行くところが無かったからです。 
朝早くから夜遅くまで、1日15h労働でした。 立ち仕事をした事がなかった私は、そこを辞めるまで売り場に立っているとき以外は這って歩くようでした。 そして、それまでの私が過ごしていた職場環境と文化があまりに違い、体も心もボロボロでした。 「あいつ死ね」という言葉が日常茶飯事。ドンくさい私などは、20代の同僚にお客様から見えないカウンター下で足をよく蹴られたものです。 そのころは親友に「死にたい」というメールをいつも送っていました。 親友は、私を助けてあげたくてもどうにもしてあげられない状況にとても辛かったと思います。 しかしながら、入社半年で店長となりました。 でも過酷な労働下で血圧が160まで上昇、これでは死んでしまうと思い退職をしました。 次の職場もやはり飲食販売系で、店長として働きました。 飲食業界なんてもう懲り懲りと思い、もとのオフィスワークに戻ろうと昨日退社した会社に事務として入社したのです。 お金がなくても平凡な生活ができればいいと思い選んだ職場でしたが、そこが一番酷かった。

中小企業はもう懲り懲りです。 もちろん小さな会社でも、きちんとした会社もあると思います。 ただ、大いにして経営者(またその家族)がお金を吸い取っていて、社員はボロ雑巾のように使われるところも多いのではないかと思います。 

大手だから良いという訳でもありません。 労基法は遵守されていますが、いろんな闇の世界はどこにでもあります。 しかし、外部監査や組合などの力も働きますので、まだね。 これまでの経験は辛かったけれど、私にとっては大切な肥やしになっています。 ぜったい無駄にはしない。

次の仕事は、3年間…とにかくコツコツやろうと決めました。 
実は昨日、ハローワークの方が心配してお電話をくださったのです。 その時に今回の就職の件を話しましたら、「営業は大変ですよ。続かない方が多いですよ。」と言われました。 それが、とても癇に障ったのです。 私が辞めた前の会社、労働基準局が入ったところです。 そこを紹介したのはハローワークです。 ふざけるな。 

でも、怒っても仕方がないです。 少なくともハローワークの方は心配してご連絡をわざわざ下さったわけで、最終的選択は全部、私自身です。

そのハローワークの方のおかげで、
ぜったい経験を無駄にはしない。 負けない。 でも、無理はしない。
そう心に誓った次第です。


   

次なる航海へ

昨日無事に退職することができました。 たぶん…。
その会社、退職しますとなると 「今すぐとっとと帰れー!」と社長の怒号が飛び、その場で辞めさせられるそうです。 事前にその話を聞いていたので、どうゆう風に退職をもっていくか私はずっと画策をしておりました。 生活がありますので、お給料に差し障ることは避けたかったからです。 ましてや年越しを迎えての貧乏は避けたいですから。
このところの疲れはそのせいもありました。 また、新しい職場のことも同時進行しておりましたので弱って弱って(笑)。

頑張った甲斐があって、作戦は見事に成功しました。 何事も情報戦は大事ですね…。 やはり私が思ったとおり、その会社、経営状態がかなり厳しいようです。 だから殺伐としてしまうんですね。 これからの日本、TPPに参加したりすると外資を活かせなかったり、独自の強みがない企業はもっと大変になると思います。 私のような雇われ人は、その辺も踏まえて会社を選ぶことも大切なことだと思いました。

と、ここまでは理屈。
踏ん切りの悪い私、今回の転職が正解なのであろうか? そのせいで恋を失ってしまった事実もある。 私はこの先、どう生きたいの? など、いろんなことを考えてしまいました。 “もし、○○だったら?” を過去のみで考えてしまいました。 この○○だったらも、未来形であれば良い意味でイメトレになるのでしょうが所詮凡人なものでマイナス思考に陥りました。

でも、もう船は新しい海へと航海をしてしまっています。 前に進むのみです。 寄り道ばかりの人生ですが、人という大切な財産だけは確実に増えています。 その財産で生きてこられたようなものです。 食いつぶさないように大切にしないとですね。 

航海だけに後悔がないように。 おあとがよろしいようで♪ 



またまた、ブログを通じて新しいお友達ができました
こちら→ヒゲ爺の独り言


きっかけはね、ブログでお友達になった『夕子、西成区、花園町在住。』の 弘と書いてひろむと読みます さんのブログをおじゃました時に “うにゃ?” と思ったことがきっかけでやりとりをさせていただきました。 “うにゃ?” の理由はリンク先にお遍路さん姿のおじちゃまのお顔がデーン
(*´∀`*)

四国参りに憧れているワタクシメ。。
“うにゃ?” “うにゃ?” お遍路おじちゃまはどこ~? って、 ヒゲ爺さまのブログにおじゃましたことがきっかけでした。

何度かやりとりさせていただいて、私から“お友達になって~”ってお願いして、OKいただきました。 自然・歴史いろんなことが全身で浴びることのできる、楽しいブログです。 よかったら、ご覧くださいましね  あとね、人生重ねた方の深みがあります。 私を先頭に若輩者諸君には、お勧めです。 深いよ


言いたいこと沢山あったんだけど、忘れてしまいました。 ちょっと、なんか疲れて晩酌しました。 酔ってます。
ああ…そうだ、もし宜しかったら かんのんいん さんのブログを見ていただけると嬉しいです。 あまりに重くて、しんどい時もありますが…。
きっと、苦難を乗り越えたからこそ表現できてるのかな…と今日ブログを拝見していて思いました。 

みんな、幸せになろうね。




 






今日はお天気がよくてお掃除とお洗濯、そして絶好の選挙日よりでしたね。 みなさん投票に行かれましたか? 私は「あっれ~!選挙ハガキが消えた! さっきまで、テーブルの上にあったよね! 確かにあったよね~??!」 と一人ぼっちの部屋で、一人で大騒ぎしてから行ってまいりました。 お掃除をする時、無意識にポンと引き出しに入れてしまったんですね。 自分の大らかさには度々まいってしまうことがあります。(-_-;)
どこに投票したかなんて聞かないでくださいね。 代表的な無党派です。
ただ、今回私は少し怒っております。 今日は都知事選も一緒だったのですが、こいつだけは~にゃろめ! と思う候補者がおりました。 私と同じ大学出身…。 お願いですから、もう立候補は二度となさらないで下さい。 (涙)

さてさて、新しい職場の関係でやはり忙しい時間を過ごしておりました。 ほんと、いつになったら私の人生は落ち着くのでしょうか。 新しいことをする時は、緊張と不安で押しつぶされそうです。 頑張らなければ…との思いでいっぱいでした。 この“頑張る”こそが、友人たちから指摘される私の口癖なんです。 先日も仲良しの友達、 かほちゃんに「十分頑張ってるじゃない。そんなに頑張らなくていいよ。」と言われました。 

今、仕事のことで精一杯でゆとりが全くありません。 でも、あらためて思うと、周りの人たちに恵まれて、苦しみながらも立ち上がる強さがあって…。 そんな私って、かなり幸せなんじゃない? って思うのです。
 
馬鹿だから要領が悪くて、愚直にしか生きられないですが。
 
でもね、後ろめたいことがないおかげで顔立ちは自慢できませんが、顔つきは晴れやかです。 瞳が綺麗ねって♪よく言われるんですよ(笑)
自分の人生の物語を “不幸の主人公” にするか、 “幸せの主人公” にするか…。 それは自分次第なのでしょうね。 

余談ですが、選挙報道、テレビ東京の池上彰氏が面白い。

私のブログがヒントでブログを書いている方がいらっしゃいます。リンク先にもある『かんのんいん』さんです。 今日はまさに旬の話題(笑)

本音を言えば、私はかんのんいんさんのブログは重くて怖くて読めない時もあります。 でも、今回は納得できました。→
かんのんいん

特に以下の文章

夫に対して「セックスに対して嫌悪感がある」と、心の内を打ち明けたところで、「それじゃ、早く脱いでこっちに来い」と言われるだけで、何の話し合いにもなりませんし、しつこく言えば「じゃあどうすればいいんだ」と、怒りだしてしまうし、無駄な喧嘩もしたくはないのです。;


男女は…難しいものですね。
男女の営みは本能と理性の狭間で闇の部分ってあるのかな。


中村勘三郎さんがお亡くなりになりました。 とてもショックでした。
私は若い頃、歌舞伎が好きでよく歌舞伎座へいっておりました。 日本文化が好きですので歌舞伎や御能にとても興味がありましたが、若い庶民の小娘には敷居が高かく近寄りがたいものでした。 でも、歌舞伎は中村勘三郎さん、御能は野村萬斎さんなどにより若い小娘でも楽しんで良いんだと身近なものにしてくださいました。 まだまだこれからが本番だと期待しておりましただけに、とても残念でここ数日はワイドショーや勘三郎さん特集を見ると涙が出てしまいます。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 

よっ! 「中村屋」!! 合掌


さて、ここのところ新しい就職先での試験や面接などを受け忙しい日々を過ごしておりました。 始業は年明け4日からとなります。 今度はきちんと戦うつもりで大手財閥系の会社に入りました。 若い頃13年間、○菱グループの会社に勤めておりましたので社風にはついていけるかな…と。 私を誘ってくださっていた方はやはり財閥系の○○物産出身の方…、これもなんかのご縁かなと思います。

何度もしつこいようですが、お嫁さんになりたかったんです。(笑)
ずっと苦労してきたものですから、暖かな家庭に憧れていました。 でも、たぶん私はそんな穏やかな生活とはご縁がないのでしょうと最近自覚いたしました。なんだかんだ言って、とても気が強いんです。 人に指図されるのは大嫌い。 あ~あ、優しくて か弱い女性らしい人に憧れます。 雲壌月鼈(うんじょうげつべつ)で、憧れたところでどうにもなりませんな。

次は営業職です。 営業はほんとに敬遠していたんです。 だって、数字に追われて大変ですよね。 前に勤めていた会社で、某 地方銀行 副頭取の過去を持つ営業室長から「この子は営業に向いている!」って言われて部所を異動させられた過去があります。 その会社は店舗販売もしており、そちらの部長から「先越された!」って悔しがられたものです。 ちなみにその時、私は地味な事務職を楽しんでしていた時でした。 出世したいとは思っていましたが、人前に出ることは好きではなく、恨みましたよ上司を…(笑) 。
好きな会社だったのですが、母の病気が悪化いたしまして…。 生きていくためにお給料の良いフード販売のガテン系に転職しました。 その会社で入社半年で店長になり、その次の会社でも店長を務めました。 でも、立ち続けの仕事に心身消耗しきってしまい退職。 血圧160まで上がりました。

ご存知でしょうか? 飲食業界に勤めて知ったことですが、飲食業界はまだまだ労基法の遵守なんてカッコイイものはないところが多いです。 最初のフード販売は、一日15時間労働でした。 朝から立ち続け、そして売上に追われ、上司は体育会系(笑)。 今度またお話しますが、それまでの環境と180度違う環境で本気で自殺を考えたりしました。 私、40過ぎのおばさんですよ。。 自分が悪いことしたわけでもないのに、なんで…? もう無理ってなりました。 親友がお母様とお店に訪ねてくれたのですが、あまりの私の変貌ぶりにお母様が泣いたそうです。 

でも、やっぱり私って強いんです。 泣いても泣いても這い上がるんですね。 親友は私を雑草と言います(笑)。 

まあ、その時の経験と「営業に向いてる!」って言葉があったからこそ、今回 営業に飛び込む決心ができました。 ちなみに、店長をしていた頃、前年比全て超えたんですよ。
まあ、私の力ではなく部下に恵まれたのですが…(^o^)へへ

今度の仕事、楽しみで仕方ありません。 母の希望もあり、平凡に事務職で働き老後を迎えることがいいんだと思っていました。 でもね、まだまだ暴れたい自分に気づいてしまったんです。 

それと夢を実現させてみようかと思っています。 実はだいぶ前から、女性のためのNPO法人を立ち上げたいと思っています。 事務しながらそれを叶えることはなかなか案が浮かびませんでした。 営業は人とのご縁ができます。一人ではどうにもならないことも、そのご縁で現実化できるかもと俄然やる気が出てきたのです。

母の病気から転職→したくなかった販売→平凡を望んで事務→そして営業。 なんか、見えない力に引き寄せられて次の仕事に行かされるように思えます。事務仕事だから平凡に過ごせると思っていた私が阿呆でした。落ち着いた生活は、整った環境がなければできないのですよね。
 
 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。