プロフィール

あふぁげっとみーのっと

Author:あふぁげっとみーのっと
アラフォー後半になりました。
バツイチ、お一人様生活をしております。今、お一人様の女性って多いですよね。みんな、将来に不安とか無いのかな?私は不安ありありです(笑)。
偏屈ババアになりたくない~!一人ぼっちになったら嫌だよう~!同じような方がいたら是非、覗いてやってくださいませ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
華の仏さま展 (一日目・奈良)



またまた、ご無沙汰しておりました。 楽しみにしていた常楽寺 吉田真譽 住職の「華の仏さま展」へ行ってまいりました。 いや~生まれて初めての一人旅、超~! 楽しかったんです。 奈良では住職にお世話になっていたので、ちと一人旅ではなかったですが…  (〃∇〃) てれっ☆
それでも、ほとんど一人行動。 旅っていろんな出会いがあって、楽しいですね。 まず初日、東大寺の二月堂を目指すべく新幹線で京都入りしました。 近鉄奈良線の特急に乗り京都から奈良に向かったのですが、多少、鉄子の要素があるワタシ。 すぐに奈良行きの電車を写メにとって、友人にメールで画像を送りつけました。 たぶん、友達は電車興味ないと思う。 そうです、一人旅とは “自己中” 満喫の旅です。 出だしからこうで、この後どんな展開になるのでしょうか。 ヽ(*´∀`)ノ 

奈良に到着したのはちょうどお昼時、奈良なら奈良の名物を食べたい! 柿の葉ずし と にゅう麺 どちらにするかで、30分位悩みました。 結果、柿の葉ずしとなりました。 決定理由、にゅう麺には “おにぎり” がもれなく付いてきて、それが必要なかったのです。 W炭水化物は年寄りには辛すぎます。 (笑)
そして、鮭と鯖、穴子の柿の葉ずしを美味しくいただいて東大寺を目指し始めました。 でもね、東大寺の前に大切なことがあるのさ…。 

それは…。 鹿さんとコミュニケーションをとらなくちゃなのです。 その為に、家からミカンを3個もってきたのですからあぁ~ ♪o(^0^o)(o^0^)o ♪  前もっての住職情報で、鹿さんは野菜やミカンの皮が大好きとのこと。 近鉄線の中で、みかん一個パクリとしました。 朝食抜きだったので、空きっ腹にミカンは効いたわ(笑) 奈良公園傍になると、いました沢山の鹿さんたち。 鹿さんはハングリーで怖いという情報も他から仕入れていたので、まずはフェンス越しにいた鹿さんに近寄ってみました。 おもむろにバッグからミカンの皮を取り出しあげようとすると…隣にいた外国人の男性が鹿はミカンを食べていいのか!?とビックらしておりました。 これが、この旅で知らない方との一番目のコミュニケーションでした。 その男性にミカンの皮を分けてあげ…。 そうしていると子供たちも寄ってきて、楽しかったですね。 ちなみに、鹿さん、ミカンの実も食べました。 酸っぱいものOKらしいです。 ご参考まで。

少し、話が長くなりました。 ここからは画像中心で。

外からの会場風景                         
121103_153029.jpg

不動明王  吉田真譽 作
新しいイメージ

昔の奈良が想像できる風景ではありませんか?
121103_153122.jpg
東大寺二月堂とは
旧暦2月に「お水取り(修二会)」が行われることからこの名がある。二月堂は平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年)の2回の戦火には焼け残ったが、寛文7年(1667年)、お水取りの最中に失火で焼失し、2年後に再建されたのが現在の建物である。本尊は大観音(おおかんのん)、小観音(こがんのん)と呼ばれる2体の十一面観音像で、どちらも何人も見ることを許されない絶対秘仏である。建物は2005年12月、国宝に指定された。「東大寺HPより」


ちなみに絵画展を行っていた場所は、お水取りの際にお坊さんたちが使用する部屋です。 お坊さんたちの徳がいただけそうな感じがしました。 東大寺の三月堂(法華堂)には、私が今回購入した不動明王が祀られています。 南北朝時代のものらしいのですが、凄い迫力、パワーを感じました。 三月堂に不動明王が祀られているのを、知らない方が多いようです。 あんなに素敵なのにちょっと残念。 もし、東大寺に行かれることがあったら、是非ご覧になっては如何でしょうか?

さあ、東大寺は広し…。 建物にも凄く興味があるので、あちこち見ていたらすっかり日も暮れてしまいました。 夜は住職のお誘いをいただき、「あしゅーら」というオーガニック料理のお店にお邪魔いたしました。 玄米のカレーやスープ、サラダをいただいたのですが、手をかけたお料理はほんとに美味しいですね(涙) 愛情をもって料理することの大切さを教えていただきました。 彼にも作ってあげたい。 
「あしゅーら」は、今から13年だったか18年前に出来たお店だそうです。 今、人気のあるオーガニックの先駆け的存在ですよね。 お店は90年前の町家を改装していて、オーナーのセンスが見事に生かされたお洒落なお店でした。 真譽住職が東大寺で個展をするようになって11年間、毎年通っているお店だそうです。 わかるな。 楽しい夜は更け、お開きとなりました。

あしゅーらのオーナーは京都育ちの方、翌日どこへ行ったら良いか一緒に考えてくださいました。 それもまた、良かったです。
次回は、京都編です。
 




 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。