プロフィール

あふぁげっとみーのっと

Author:あふぁげっとみーのっと
アラフォー後半になりました。
バツイチ、お一人様生活をしております。今、お一人様の女性って多いですよね。みんな、将来に不安とか無いのかな?私は不安ありありです(笑)。
偏屈ババアになりたくない~!一人ぼっちになったら嫌だよう~!同じような方がいたら是非、覗いてやってくださいませ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むかしむかし秘書時代の頃、上司が仏像や曼荼羅が好きで集めていました。 そんなことから、お亡くなりなりましたが東大寺の元館長、清水公照さんの作品もたくさんありました。 毎年、干支の絵柄を描いていただき、お世話になっている方にお配りしていたのが今では懐かしい思い出です。
清水公照さんの作品の中でも、小さくとても可愛らしい泥仏がありました。 それが、私の大のお気に入りでした。 なんとか、それを入手できないかと画策していたものです。(笑)

そして、そんな清水公照さんに似た泥仏や絵画に出会えたのです。 いま私がお世話になっている八王子にある真言宗のお寺さん、常楽寺の吉田住職の作品でした。 

実は私は宗教が嫌いでした。 なんで嫌いだったか、私の生い立ちの苦しみを仏や神がいたならどうにかしてくれたのではないかと思っていたからです。 そして、さまざまな宗教の忌まわしき歴史などからも納得できなかったからです。 

でも、吉田住職に出会えて心が穏やかになりました。 それは、目に見えない仏様より信頼できるものでした。 こんな話を聞いたら真剣に仏門を志している方は憤慨されるでしょうか。 でもでも、だからこそお寺に通ってみたくなったのです。 

面白いですよ。 お寺さんに行っているのに、個人的に行っているときは吉田住職と茶飲み話です。 お経も説法もなく、ただただ世間話です。 先日は手作りのお昼をご馳走になり、夕方まで入り浸ってしまいました。 …お忙しいのにゴメンなさい!

その時に住職と話をしたこと。 お寺さんで説法会にとても興味があったが、なんか敷居が高くて近づけなかった。 住職も「そうなのよ~どうしてかしらね~。」と。

誰でも、心穏やかになれる場所があったらいいですね。 

そんな吉田住職が東大寺二月堂北の参籠所(北の茶処奥)で「華の仏さま展」をします。 11月1日(木)から11月4日(日)までです。 初めての一人旅で行ってまいります。 

亡き上司、亡き清水公照さんの風を感じられたらいいな。
スポンサーサイト

コメント

華の仏さま展には、私や眞弓さんなどの「ぱどまの会」メンバーの描いた般若心経の折本も展示されると思います。全員世界観が違って、一人一人の心の中にあるお経がみんな違うところが見どころです。仏の道を歩み始めたこと、応援しています!この先がどう変わっていくのか、楽しみですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。